日本レオロジー学会誌
支部・研究会
入会案内
各種行事申込

最新TOPICS

コロナウイルス感染症への対応について

COVID-19の感染拡大防止のため、下記行事開催についてお知らせ致します。

今後の状況により開催方法を検討致します。最新の情報はホームページに掲載しますので、随時ご確認をお願い致します。

 本部行事

第68回レオロジー討論会参加募集とオンライン開催についての参加要項 (9/9改訂)

COVID-19の影響で、今年の討論会はオンライン開催に決定いたしました。

☆第68回レオロジー討論会プログラム(9/18改訂) ←HPに随時最新版を掲載します。

☆第68回レオロジー討論会ポスター発表者用 原稿提出フォーム ←原稿提出締切日:2020年9月30日(火)

☆第68回レオロジー討論会参加申込フォーム(Goolgle版) ・ 参加申込書(Word版) ←参加申込締切日:2020年10月12日(月)17時

 日時:2020年10月21日(水)、22日(木)   

 場所:オンライン開催

 各種締切日】 ポスター発表者原稿提出締切 (ポスター発表者全員対象) 9月30日(水)

         参加費振込締切日:10月12日(月)15時

                       参加申込締切日:10月12日(月)17時厳守            

                       冊子体要旨集購入申込締切日:8月31日 (月) 17時 オンライン開催の為 今年は冊子体要旨集の作成はありません。     

  ☆第68回レオロジー討論会機器展示と広告のご案内 

↑開催方法オンラインに変更となりましたので、改訂版の詳細をお知らせいたします。

 機器展示と広告申込締切日:2020年9月11日(金)

 広告・機器展示資料と動画各種データ提出締切日:2020年9月18日(金)

 【別紙2】機器展示出と広告の申込書、【別紙3】機器展示プレビュー資料執筆要領

第19回食品レオロジー講習会 -初心者のための実習と基礎:食感・風味の制御に向けて- 開催を中止いたします。

 日時:2020年 11月 5日 (木)、6日 (金)   

 場所:東京生産技術研究所 An棟 4階 An401・An402(〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1)

第40回レオロジー講座 ‐基礎と測定法‐ 開催を中止いたします。

 日時:2020年 12月 9日 (水)、10日 (木)   

 場所:東京生産技術研究所 An棟 4階 An401・An402(〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1)

講話「レオロジー・クラシック」2020 開催を中止いたしました。

日本レオロジー学会第47年会(受賞講演、学会賞等授与式、口頭発表、ポスター発表、懇親会)を中止いたしました。

第47年会開催中止に伴う各種取り扱いについて 

第47年会プログラム (3/18改訂)

 支部行事・研究会行事

第32回高分子加工技術討論会の参加募集とプログラム

 ※Zoomによるオンライン開催となることもあります

 日時:2020年10月29日(木)、30日(金)

 場所:名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室(〒456-0058 名古屋市熱田区6番3-4-41)

関西レオロジー研究会 (第78回例会) webセミナー参加者募集

 日時:2020年10月2日(金)15:30-18:40

 場所:オンライン開催

2020年度第13回西日本支部学生ワークショップ(オンライン開催)

 日時:2020年10月23日(金)13時頃から19時頃まで

 場所:Zoomによるオンライン開催

 共催事業

37th International Conference of The Polymer Processing Society in Fukuoka

    PPS-37 Fukuoka

 日時:2021年 4月19日 (月)~23日(金) ※2022年春に延期になりました。  

 場所:アクロス福岡(福岡市中央区天神1丁目1番1号)   

 国際会議関連

 International Congress on Rheology 2020

ICR2020は,当初の予定から変更され,2020年12月13日ー18日に,オンラインで開催されることになりました.

これに伴い,2020年8月1日から9月20日まで,発表申し込みが再度受付されます.詳細は,下記のICR2020ホームページをご覧ください.

 “Progress in Polymer Dynamics”in PACIFICHEM 2021

 開催が1年延期されました。

 学会誌関連

 計算レオロジー特集号への投稿募集

さまざまな物質の示すレオロジーを調べるために,直接的な各種実験,理想化したモデルに基づく理論解析に加え,計算機を用いたシミュレーションは欠かせない道具となりつつあります.例えば分子動力学シミュレーションによる高分子のダイナミクスとレオロジーの解析や,連続場モデルシミュレーションによる多相系の相分離構造の流動・変形挙動の予測等,実験や理論では調べられないようなレオロジー特性が計算で調べられています.また,シミュレーションを行わないとしても,理論モデルの結果を粘弾性関数に変換するため数値計算を行ったり,実験データを高度な計算手法で解析する等,計算という手法自体はレオロジー研究に幅広く用いられていると言えます.さらに,最近注目されている機械学習のような新規計算手法はレオロジー研究に新しい視点を与えてくれるかもしれません.そこで,この特集号ではレオロジーのシミュレーション研究だけでなく,レオロジー解析のための高度な計算手法の開発,レオロジー測定と計算の融合,機械学習やデータ科学等の新しい計算科学の視点からのレオロジー研究等,広い意味での計算レオロジーについての研究を募集します.計算が関係するレオロジー研究について,ご投稿いただけますようお願い申し上げます 

発刊予定日:2021415日(木)

予定巻号:日本レオロジー学会誌492

原稿提出方法:Web投稿サイトよりご投稿ください.https://mc.manuscriptcentral.com/jsrj

※本文に「計算レオロジー特集号」と明記してください.

投稿規定:日本レオロジー学会ホームページをご覧ください.https://www.jstage.jst.go.jp/browse/rheology/_pubinfo/-char/ja

締切:2020 1116日(月)

問合せ先:畝山 多加志 名古屋大学 

E-mail: uneyama●mp.pse.nagoya-u.ac.jp

※●を@に変えてください。

 故小髙忠男先生追悼号について

日本レオロジー学会誌は,故小髙忠男先生の追悼号を20216月の493号の予定で発刊する事になりました。つきましては,下記の要領で追悼論文を募集いたしますので,奮ってご投稿下さい。

論文種類:日本レオロジー学会誌「論文」とします。レオロジーに関する論文で通常の審査を経ることになります。

                論文の長さは,刷上がり6ページ以内とします。

発刊予定日:2021615日(火)

予定巻号:日本レオロジー学会誌493

原稿提出方法Web投稿サイトよりご投稿ください。https://mc.manuscriptcentral.com/jsrj

※本文に「故小髙忠男先生追悼号」と明記してください。

投稿規定:日本レオロジー学会ホームページをご覧ください。https://www.jstage.jst.go.jp/browse/rheology/_pubinfo/-char/ja

投稿締切日:2021129日(金)

担当編集委員:浦川 理(大阪大学),渡辺 宏(京都大学),四方 俊幸(東京農工大学)

問合せ先:浦川 理

560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1

大阪大学 大学院 理学研究科 高分子科学専攻

TEL:06-6850-5458  FAX:06-6850-5538 

E-mail:urakawachem.sci.osaka-u.ac.jp  

※●を@に変えてください。

振込先口座

銀行口座:三菱UFJ銀行 出町支店 普通 4192464

郵便振替口座:01040-6-17564

お知らせ

 受賞写真

    渡辺宏会長が米国レオロジー学会Binghamメダルを、

    土井正男元会長(2001年Bingham Medalists)がFellowship Awardを受賞しました。


事務局アクセス・問い合わせ先

〒600-8815 
京都市下京区中堂寺粟田町93番地
京都リサーチパーク6号館3F305号室
一般社団法人  日本レオロジー学会

TEL:075-315-8687
FAX:075-315-8688

https://www.srj.or.jp


member●srj.or.jp(庶務)

journal●srj.or.jp(学会誌)

office●srj.or.jp(講習会申込)

※●を@にかえてください