問い合わせ
〒600-8815 
京都市下京区中堂寺粟田町93番地
京都リサーチパーク6号館3F
(社)日本レオロジー学会

Tell:075-315-8687
Fax:075-315-8688
E-mail:  
(学会誌)
(その他全般)
 


   第27回レオロジー講座 
    
−基礎と測定法−

主  催:日本レオロジー学会
協  賛:化学工学会,紙パルプ技術協会,高分子学会,色材協会,日本化学会,日本材料学会,
     日本バイオレオロジー学会,日本油化学会(依頼中) 日  時:2007年12月6日(木),7日(金)
会  場:化学会館 7階 ホール(東京都千代田区神田駿河台1-5 Tel:03-3292-6162)
      http://www.jsae.or.jp/02event/map/kagaku.html
主  旨:レオロジーは工業界のいろいろな分野で製造工程の管理と改良,製品の性能試験,新製品の
     開発などに応用され,その範囲は年々拡大されています.当講座では,レオロジーの初級者
     を対象にして,ややもすれば取り組み難いと敬遠されがちなレオロジーの基礎と測定法につ
     いて平易に解説し,諸問題の解決に役立てようとするものであります.  

第1日 12月6日(木)
  9:30〜11:30
1. レオロジーの基礎          京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科  高橋 雅興
ひずみと応力,フック弾性体,ニュートン流体,ビンガム塑性体,マクスウェル要素,粘度・弾
性率・緩和時間など,基礎の基礎に話を限って,図を多用してわかりやすく説明する.

 12:30〜14:30
2. 高分子液体のレオロジーの基礎と測定           京都大学化学研究所  渡辺  宏
からみ合い高分子のデータを例として,線形粘弾性の現象論の枠組みとデータの見方を概説する.また,非線形粘弾性についても簡単に触れ,高分子液体の特徴についても説明を行う.

14:40〜16:40
3. 高分子固体および表面のレオロジーの基礎と測定          九州大学  梶山 千里
1. の「レオロジーの基礎」を基に,高分子固体のレオロジー解析法を学ぶ.さらに,固体レオロジーを応用した高分子材料開発の例を示す.また,高分子固体表面の粘弾性解析法ついて解説すると共に,固体表面の分子鎖熱運動に関して新しい概念を提案する.


第2日 12月7日(金)
  9:30〜11:30
4. 高分子加工のレオロジー            山形大学大学院理工学研究科  小山 清人
高分子の成形加工工程を概観し,それに必要な高分子および複合系の溶融体のレオロジー特性として,ニュートン粘性,線形粘弾性,非線形粘弾性を取り上げ,成形加工工程でのこれらの役割とCAEなどで応用例を解説する.

12:30〜14:30
5. 分散系のレオロジーの基礎                 千葉大学工学部  大坪 泰文
粒子間相互作用の性質,レオロジーの現象論,測定法上の注意など分散系レオロジーの基礎について解説するとともに,具体的応用としてのレオロジーコントロール技術までをカバーする.凝集の評価と制御にレオロジーを応用するという立場でわかりやすく解説する.また,塗料の硬化挙動など反応を伴う系のレオロジーについてもふれる.
 
 14:40〜16:40
6. コロイド分散系のレオロジー・基礎        大阪大学大学院理学研究科  四方 俊幸
コロイド分散系のレオロジー挙動の特性についてやさしく解説する.最も単純な粒径が揃い粒子間力を持たない球形粒子分散系のレオロジー挙動から出発し,分散粒子のブラウン運動と粒径分布がおよぼすレオロジ―挙動への寄与について概観する.また,様々な形状のミセルを形成した界面活性剤水溶液のレオロジー挙動についてもデータと対比させながら解説する.

参 加 費:主催,協賛学協会会員30,000円,一般40,000円,学生10,000円
申込締切:2007年11月26日(月) 定員80名
申込方法:申込書に必要事項記入の上,お申し込みください.
      @学協会の会員である会社,事業所等よりお申し込みの場合は,参加者が非会員であって
      も会員として取り扱います.
      A送金は現金書留または銀行振込(三菱東京UFJ銀行出町支店 通4192464 日本レオロジー学会)
      をご利用ください.
      B申込者には参加証を送付いたします. (11月中旬)
      C1名分のお申し込みで第1日と第2日の受講者が変わっても結構です.
      D希望者にはテキストを事前送付致します. 申 込 先:〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町
       93番地 京都リサーチパーク6号館 3F (社)日本レオロジー学会
     Tel:075-315-8687, Fax:075-315-8688, E-mail:member@srj.or.jp
     http://wwwsoc.nii.ac.jp/srj/

化学会館
● アクセス:JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」御茶ノ水口徒歩3分
        地下鉄丸の内線「御茶ノ水駅」御茶ノ水口徒歩4分
        地下鉄千代田線「新御茶ノ水駅」徒歩4分


        申し込み表(doc)をダウンロードする