問い合わせ
〒600-8815 
京都市下京区中堂寺粟田町93番地
京都リサーチパーク6号館3F
一般社団法人 日本レオロジー学会

Tell:075-315-8687
Fax:075-315-8688
E-mail:  
journal@srj.or.jp (学会誌)
office@srj.or.jp (講演・参加申込)
member@srj.or.jp (庶務)
 
一般社団法人 日本レオロジー学会 支部
東日本支部  
支部長: 鳴海 敬倫
支部事務局: 〒950-2181
  新潟市西区五十嵐2の町8050
  新潟大学自然科学系(工学部/創生学部)
TEL : 025-262-7014
FAX : 025-262-7014
E-mail: narumieng.niigata-u.ac.jp

 

 

活動状況:














東日本支部は,新潟県,群馬県,埼玉県,山梨県,神奈川県より以東,北海道に至る東日本地域に在住する会員により構成され,講演会,修士論文発表会を主な事業として活動しています.本支部は,これまで関東地区レオロジー研究会が主催で行ってきた事業を連携して共同で実施する方針でおります.今年度の計画としては,2018年3月に第22回修士論文発表会と関東地区レオロジー研究会を予定しています.これらは, これから期待される若い研究者と第一線で活躍中の研究者との交流を提供する場になっており,さらに,最新のレオロジー,特に技術として応用するという観点に立ったレオロジー技術に関する情報を共有する場にもなっております.


中部支部  
支部長: 岡本 正巳
支部事務局: 〒468-8511
  名古屋市天白区久方2丁目12-1
  豊田工業大学大学院 高分子ナノ複合材料研究室
TEL : 052-809-1861
E-mail: okamototoyota-ti.ac.jp
活動状況:












本支部は愛知県,岐阜県,三重県,静岡県,長野県,石川県,富山県に在住する日本レオロジー学会会員で組織され,本年度の主な行事は修士論文発表会,講演会,およびセミナーを予定している.12回修士論文発表会と第10回講演会を2018年3月に開催予定である.修士論文発表者は中部支部所属の大学の修士とするが,全国の産学官の関係者にお集まり頂き活発な討議・交流の場となることを願っている.また,修士論文発表会と同日に行う講演会は,基礎から応用までを含む内容での開催を計画している.さらに,セミナーとして,東海化学工業会主催の東海化学工業会セミナーの共催を計画している.


西日本支部  
支部長: 山根 秀樹 
支部事務局: 〒606-8585  
  京都市左京区松ヶ崎橋上町
  京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科
  バイオベースマテリアル学専攻
TEL: 075-724-7824
E-mail:  hyamanekit.ac.jp

活動状況:

 








西日本支部では,年2回の研究会および修士論文発表会,さらに学生向けのワークショップを関西レオロジー 研究会と合同で行っている.修士論文発表会は若手育成を目的とし,レオロジー学に携わる各研究室の最新の情報を公開するとともに,議論を通して互いの研究に最新の手法および概念を取り入れること, さらに大学と企業の研究者の連携強化を目的としている.西日本支部として関西地区から九州地区および中国四国地区へと活動の範囲を拡大しつつあり,他 の機能別研究会の西日本地区での開催をも連携して行い,大学のみならず,企業の研究者をもレオロジー学会へ勧誘できるような興味ある内容の講演会,見学会などの企画,運用を行っている.